パリにあるとっておきミュゼをご案内します
by paris_musee
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
有名ミュゼ
お城ミュゼ
邸宅ミュゼ
テーマミュゼ
企画展
ミュゼ以外の歴史的建造物
その他
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
納得!意外? ヴェルサイユ宮殿のモデル ヴォー・ル・ヴィコント城 パート2 chateau Vaux le Vicomte
日本に一時帰国していたため、更新が遅くなってしまいました。すみません。
今回は2つ記事をアップしています。

引き続き、ヴォー・ル・ヴィコント城の1階部分のお部屋の装飾について見て行きたいと思います。

先週見て来たお城の2階(1er etage)は主に小さなお部屋がたくさん連なっていましたが、1階(Rez-de-Chaussee)は客人をもてなすための豪華で大きなお部屋で構成されています。

f0197072_2304564.jpg

部屋が暗すぎて少しブレた写真になってしまいました。すみません。
<正方形の大間>
この部屋はかなり暗く、赤い壁、金色の装飾の荘厳な雰囲気です。
天井は天井画で飾られているのではなく、梁がむきだしになっていて装飾されているもの。
暖炉の上にシャルル・ルブランが描いた男前な城主ニコラ・フーケの肖像画が掛けられています。
この部屋にあるディアナ(豊穣の女神)を描いたタピスリーは、フーケが所有していたこの近くの製作所で織られたものだそうです。
ニコラが失脚した後、このマンシー製作所の職人はルイ14世設立のタピスリー製作所に移され、王室のためのタピスリーをたくさん制作しました。
置かれているふたつのテーブルはフーケが所有していたもので、ここから一度も運び出されたことがないとか。
大理石の天板に獅子の彫刻が施された脚をもつ机。この机が置けるようなお部屋は現代なかなか見つからないでしょうね。

f0197072_2311881.jpg

ブールの家具といい、赤いベルベットを張った椅子といい、タピスリーといい、かなり重厚感のあるお部屋ですが、日光とブルーの壁の色が重々しさを解放してくれています
<ミューズの間>
こちらはブルーと金を基調にし、ルブランによる「夜」をテーマにした天井画が描かれていて、お庭からの光もさしこみ、グっと明るい雰囲気の広間です。
お披露目パーティー以前に、王室の関係者などを呼んでモリエールの劇がここで演じられたのだとか。
置かれている箪笥は、ルイ14世時代に華々しく活躍した高級家具職人アンドレ・シャルル・ブールのもの。
ルーヴル美術館でも大きな展示室を与えられている、当時売れっ子の家具職人でした。

f0197072_233496.jpg

こちらルブランによる天井画『眠りの女神』。フーケが投獄された時に擁護者となった大親友のラ・フォンテーヌは、詩集『ヴォーの夢』の中でこの絵に着想を得た詩を発表しています。
<遊戯の間>
ミューズの間からちらりと見れる小部屋です。
金ぴかの壁面装飾とルブランによる眠る女神が描かれた天井画、大きな窓と鏡によって、こちらも明るく開放感のあるお部屋になっています。
私が行った時には、19世紀の城主ソミエ一家の肖像画などが机の上に置かれていました。

f0197072_232197.jpg

今の感覚からすると、限りなくキッチュに近いほどのゴテゴテピカピカ。
イタリア風なんですが、今で言うと「ベルサーチ風」?

<ヘラクレスの控えの間>
ダミエ模様の床に赤い壁面、金色の壁面装飾。
ルイ14世様式の室内はこの色の組み合わせが多いです。
天井画はルブランのヘラクレスの勝利をモチーフにしたもの。
右の女神が月桂樹の冠をかぶせようとしているのがヘラクレスだそうです。
中央にはパリのヴァンドーム広場にあったルイ14世の騎馬像の縮小版が鎮座しています。
権力を誇示するための力強いモチーフがふんだんに使われたお部屋でした。

f0197072_2322961.jpg

2階のお部屋からもちらっと見下ろすことができるこの大広間。
<大広間>
玄関を入るとすぐのホール。
自慢のお庭が見渡せて、当時にしては革新的なドーム天井を頂いた大広間です。
それまでは玄関ホールは2階への半円形の階段がある建物が多かったのですが、ここはあえて小さな階段を玄関左右に控えめに配し、どーんと大広間だけを中心に据えるという構造にしたのです。
来客たちは玄関を入ったとたん、広大かつ手入れの行き届いた庭園の見晴らせるホールの開放感に驚いたことでしょうね。
今はシンプルな天井画ですが、完成しなかったものの本来はルブランによる神話の登場人物が大集合した壮大な天井画が構想されていたのだそうです。
天井は18メートルの高さがあり、16本のギリシャ建築の柱頭と、上部には胸から上の人物の浮き彫りが装飾されています。

f0197072_2341673.jpg

ニコラ・フーケの一生の展示をやっているため、フーケの人形がいます。彼の方に乗っているのはリス。フーケ家の紋章なのです。
<王の控えの間>
ここから先のお部屋は前にお話しした人形を使ったフーケの人生を紹介する展示に使われていたのですが、もともとは王の控えの間でした。
図書室になったのは18世紀の城主ショワズール氏の改築以降です。
でも何層かの段になった天井や装飾などはそれまでの部屋と同様、イタリア風の豪華さのままです。
天井画は19世紀に描かれたシンプルな鳥のフレスコ画。
このお部屋もニコラフーケの時代には完成してなかったのですね。
ここにもルイ14世の肖像画とルイ14世時代に活躍したブールの机が置いてあります。

f0197072_2331736.jpg

人形のひとりがしゃべっているのですが、よく見ると口も眉毛も動いている!実はのっぺらぼうの顔に実際の人物がしゃべってる映像をプロジェクションしているのです。リアルすぎてびっくり!
<王の寝室>
当時の王様はいろんな場所のお城を点々としていました。
なので、結局は王様が使用することはなかったのですが、王のためのお部屋がつくられたのです。
天井画はルブラン、緑と金を貴重にした壁とベッド、こんなところで安眠することができるのでしょうか??
意外なことに、ベッドの左右に日本の漆塗りの黒い箪笥が置かれています。
日本から送られて来た漆塗りの何かを、フランス式の箪笥に採用したのです。
家具の形や細部はバロックやロココといった完全にフランス式なのに、どう考えても絵柄や素材が日本(または中国やペルシア)という家具をよく見かけます。
こういう和洋折衷、当時流行っていたんですって。

<食事の間>
人形を使った展示で、あの有名なお披露目パーティーのシーンに使われていたお部屋です。
ダミエの床に白と金を基調とした装飾の壁面、天井画はルブラン。
実はこのヴォー・ル・ヴィコント城で初めて、食事をするためのお部屋というものがつくられたのだそうです。
それまでは好きな部屋にテーブルなどを配置して食事をとっていたのですが、このお城以降、ダイニングルームというのが伝統になっていくんです。
そんなに大きな部屋ではないので、少人数のお食事会に使われていたのでは、と思います。

f0197072_2334779.jpg

こんな広い調理場でどんな豪華なお料理が作られていたのでしょうか?
<調理場>
地下になりますが、19世紀後半に改装され戦後まで実際に使われていた広いキッチンがあります。
地下といっても地上より一段高く建てた城館なので、上部の窓からさんさんと光が入って陰気な感じがしないんですよ。
かなり広いので、きっと料理人は何人もいたのだと思います。
奥には使用人部屋や給仕長のお部屋、ワインカーブ、果物やジャムの貯蔵室、パン製造室なんかもあったそうです。
大きな調理場には銅のフライパン、お鍋がずら〜っと並べられて、かまどやコンロなんかもあります。
ここで来客をもてなすお料理がたくさんつくられていたのですね。

いかがでしたか?

先週の2階部分の室内装飾よりも、権力と富を誇示するようなゴージャスなお部屋ばかりでした。
装飾の未完成部分(後に他の誰かによって完成)が多いとはいえ、もうお腹いっぱいなくらい豪華です。
すべて完成していたらこれ以上に絢爛豪華だったんでしょうね。すごすぎ!
この豪華さにルイ14世は嫉妬して、負けるもんかとさらに豪華なヴェルサイユ宮殿をつくらせたのですね。

この室内装飾の指揮をまかされ、自らいくつかの天井画も手がけているのがシャルル・ルブランという画家です。
ヴォー・ル・ヴィコント城建設当初はそれほどの有名人ではなかったのですが、
ルイ14世にことさら気に入られ、ヴェルサイユ宮殿の装飾も任され、後に王の専属画家として華々しく活躍する人物です。
イタリア仕込みの均整のとれた筋肉ムキムキの人物や、原色を多用し、神話のエピソードをダイナミックに描いた豪華な大画面が、ルイ14世の趣味にあっていたのでしょうね。
城主ニコラ・フーケは時代をリードすることになる画家を、自らの城館の室内装飾家として抜擢しました。
フーケは芸術家のパトロンとして援助を惜しまない人だったので、先見の明があったのです。

次回はル・ノートルによる庭園についてお話ししたいと思います。

Chateau de Vaux le Vicomte 
77950 Maincy
tel 01 64 14 41 90
fax 02 60 69 90 85

開館時間 3月14日から11月8日まで 10時から18まで
閉館日  7月と8月を除く毎週水曜日
イベント 噴水ショー:3月14日から10月31日までの第2、最終土曜日の15時から18時まで 
     キャンドルナイト:5月2日から10月10日まで(9月12日は除く)の20時から0時まで
[PR]
by paris_musee | 2009-04-27 00:00 | お城ミュゼ
<< バラになった男 アンドレ・ル・... ニコラ・フーケの人生最高の時、... >>