パリにあるとっておきミュゼをご案内します
by paris_musee
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
有名ミュゼ
お城ミュゼ
邸宅ミュゼ
テーマミュゼ
企画展
ミュゼ以外の歴史的建造物
その他
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
象徴主義の先駆者、モロー ギュスターヴ・モロー美術館 Musée National Gustave Moreau

先週はモローのおいたちをざざーっと述べておいて、意味不明なことばで乱暴にまとめてしまいました。

特に最後のこの文章、

でもアカデミーという権威と深く関わったモローだからこそ、世紀末に向かう不安な時代精神を感じつつ、神話や聖書を扱う歴史画のカテゴリーの中でのオリジナリティの模索というかたちで、モロー独自の「象徴主義」の萌芽ともとらえられるような作品が生み出されたのかもしれません。

太字のところをご説明したいと思います。

アカデミーでは、ギリシャ神話や聖書の物語を題材にした歴史画というジャンルが一番絵画として素晴らしいとみなしていました。
モローの作品の題材はほとんど神話や聖書からとられています。
なのでアカデミーの推奨するやり方に忠実なんですね。
f0197072_3381470.jpg

『ジュピターとセメレ』建築物や人物の細かな装飾がふんだんに描かれています。
でもこちらをご覧ください。
どちらかというと「世紀末芸術」と言うのにふさわしい、神秘的で暗くて退廃的な雰囲気が見られますよね。
アカデミーの歴史画にありがちな、威風堂々とした理知的で魂を奮い立たせるようなエネルギーはここから感じられません。

アカデミーのお手本通りの作品を作り続ければいいというような画家ばかりだったら、みーんな同じで芸術は停滞しつまらないものになってしまいます。
この時代は特に、お手本というものがあるけれど、そこから離れすぎず、いかに自分らしさ、オリジナリティーを出せるかというところで勝負しているのです。

あれだけアカデミーに関わったモローはやっぱり歴史画のお手本から出発しているけれど、時代の不安な空気も察知しつつ、自分らしい作品を作り続けて行ったのだと思います。
それがたまたま世紀末の時代精神とマッチして、のちに「象徴主義」ができたときに、ギュスターヴ・モローが先駆者だと言われたのではないでしょうか。

今のお話は私のひとつの見方でしかないのですが、とにかく、「**主義」というのは「主義」と名付けられるだけの実例があって初めて命名されるのだし、今の時点から過去にさかのぼるものですので、アカデミーにどっぷり浸かっていたモローが、アカデミーに反発して「象徴主義」をつくるぞー!と意識的にやったとは思えないのです。後から見た結果「象徴主義」の先駆者とみなされただけなのでしょう。

理屈っぽくなりましたが、それでは作品を観て行きましょう。
f0197072_3383116.jpg

『オイディプスとスフィンクス』彼が38歳のときのもの。ニューヨークのメトロポリタン美術館蔵だそうです。

こちらはナポレオン3世が買い上げたサロンで入選した作品です。怪物のスフィンクスが「朝は4足、昼は2足、夜は3足で歩む物は何か?」と未来の王になるオイディプスに謎掛けをする神話です。
確か答えは「人間」だったと思います。赤ちゃんがハイハイをし、その後は2足歩行、でも老人になると杖を使うので3本、という...。
ここに世紀末の雰囲気がどのように表れているかというと、謎が解けなかったらオイディプスは殺されてしまうという「死」に対する緊張感(実際答えられずに殺された人物の足が右下に見えます)。男性のオイディプスが妖艶な「エロス」を感じさせるところ。
背景がどんよりした「幻想的な空間」であるところ、でしょうか。

f0197072_3385048.jpg

『プロメテウス』こちらはモロー美術館で見ることができます。
43歳のときにサロンに出品したものの、酷評を受けてその後サロンにしばらく出品を拒否するきっかけとなった作品です。
土から人間を作ることができる巨人族のプロメテウスが火神から炎を盗んで人間に与えてしまったので主神の怒りを買い、鎖でつながれて肝臓を鷹に永遠についばまれるという神話です。
神話は神話でも残酷な話ですよね。
空の青さと対照的な険しい断崖絶壁に捕らえられて身動きできないプロメテウス。
彼はどこかをじっとみつめていますが、これから一生、こんな寂しい場所で邪悪な鷹に肝臓をついばまれていくしかないのです。
強い意志のあるまなざしやたくましい肉体がかえって、悲しい結末を予感させますね。

ちょっと長くなりましたので、来週もっと注目したいモローのオリジナリティについてお話しして行きたいと思います。

今回の画像はすべてWikipediaからお借りしました。


ギュスターヴ・モロー美術館 Musée National Gustave Moreau
住所:14, rue de la Rochefoucaud
電話:0148 74 38 50
メトロ:12番線 Trinite または st-George
開館時間:10:00-12:45 昼休みをはさんで 14:00-17:15
休館日:火曜日
入場料:5euros (割引は3euros、18才以下と第一日曜日は無料)
美術館公式サイト
[PR]
by paris_musee | 2009-12-21 00:00 | 邸宅ミュゼ
<< モローの細密テクニック ギュス... モローの華々しい一生 ギュスタ... >>