パリにあるとっておきミュゼをご案内します
by paris_musee
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
有名ミュゼ
お城ミュゼ
邸宅ミュゼ
テーマミュゼ
企画展
ミュゼ以外の歴史的建造物
その他
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009年 12月 28日 ( 1 )
モローの細密テクニック ギュスターヴ・モロー美術館 Musée National Gustave Moreau

先週、具体的に作品をご覧になって、モローの特徴が少しおわかりになったかと思います。
神話の中の「死」や「残酷」なシーンを連想させるエピソードを非現実的な空間に描く、というのが共通していました。
実は、ギュスターヴ・モロー美術館では、もうひとつのモローの特徴である「細密表現」が間近でたくさん観られます。
他の美術館にある作品は完成品ばかりですが、こちらは画家の住居兼アトリエだったので未完と思われる作品が多く、どんな風にモローが描き進めていたかがよくわかるのです。
f0197072_347362.jpg

人物の肌の上にとっても細かく模様が描かれています
こちらをご覧ください。
作品の一部をクローズアップしたものですが、色を塗っている部分、塗っていない部分、ところどころにびっしりと細かい模様が描き込まれているんです。
いろんな画家の作品を観てきましたが、こんな風に細部に過剰なまでの装飾を描いている作品は彼以外思い当たりません。
絵画の画面に白や黒の細い筆でアラビア紋様が浮かび上がり、暗い空間にも幾何学装飾模様がちりばめられてオリエンタルで幻想的な雰囲気を醸し出しています。
未完の作品と思われますので、このあとこの入れ墨のような細密画がくっきりと残るのか、それともうっすらと浮き上がる程度なのか、はたまた完全に消されてしまうのか、とても興味深いところです。

さて、ここで『サロメ』シリーズについてお話ししたいと思います。
「世紀末芸術」の芸術家が好んだ神話が聖書の「サロメ」です。
オスカー・ワイルドが書いた小説『サロメ』の挿絵はすでにご紹介しましたね。
ヘロデ王の祝宴での踊りの褒美として「欲しい物は何か?」と聞かれ、サロメは「洗礼者ヨハネの首が欲しい」と答え、実際にヨハネの首を手にするという残酷なお話。
これはずーっと昔から絵画のモチーフとして好まれましたが、とくに19世紀末に大ブレイク、モローもこのテーマをいろんな角度からたくさん描いています。
f0197072_3483247.jpg

『オルフェウスの首を運ぶトラキアの娘』という作品はオルセー美術館に所蔵されています。
血の気の失せた美しいヨハネの首を、うっとりとした表情でみつめるサロメ。
耽美的な色気が漂った作品です。
f0197072_3485356.jpg

『出現』ルーヴル美術館で見ることができます。
サロメが斬首させたヨハネの首が光を放ちながら空中に浮いているという、彼のオリジナルの解釈です。
こちらは細密表現が画面にちりばめられていて、ヨハネの首を指差すサロメという異様な光景をさらに幻想的なイメージへと飛躍させています。
サロメが身にまとうオリエンタルな衣装が細かく描かれていて、女性の柔らかい肌とキラキラと輝く豪華な固い金属や貴石の対比がわかりますね。

f0197072_3491030.jpg

そしてこの『出現』の習作と思われる作品が2点モロー美術館に収蔵されています。
最初の作品はサロメの肌には割と雑に絵の具を乗せただけで、背景のアラベスク模様が白く丹念に描かれています。
これはこれでまるで書き割りのような線で描いた2次元の世界を背景に、生身の人間がこのシーンを演じているような、演劇のような雰囲気が感じられないでしょうか。
f0197072_3492788.jpg

もうひとつの作品は『タトゥーのサロメ』なんて呼ばれているように、サロメの肌に精密な黒の線で模様が描き込まれているものです。
ルーヴルバージョンと比べてサロメの目を閉じた表情がとても官能的です。こちらはサロメの血の滴る首はありませんね。

f0197072_3501548.jpg


ちょうど彼が生きていた頃にはパリ万国博覧会という世界中の珍しい物を集めた大きなイベントがあったので、インドや東南アジア、アラブ諸国の建築物や彫刻、衣装や宝飾品などを間近で観る機会があったんじゃないかなあと思います。
そんなオリエント趣味の細密表現がモローのアトリエにはたくさんあります。
華美な装飾を施した東南アジアの古代遺跡のような建物だったり、象だったり、ベリーダンスの衣装のような豪奢な装飾だったり。
大きなカンバスに描かれているのに、画面の至る所に小さな小さな線描があるんです。
遠くから観ても近くから観ても2度楽しい、それがモローの作品だと思います。
モローの作品をご覧になることがあったら、是非「細密描写」を探してくださいね。

次回は、モロー美術館の住居部分のご説明をしたいと思います。

このブログも早いもので2年目を迎えることができました。
パリの面白いミュゼはまだまだたくさんあるので、2010年も変わらず皆様にミュゼの楽しさをお伝えできればと思っております。
来年もどうぞよろしくお願い致します。


今回の画像はクローズアップのものを除き、wikipediaからお借りしました。


ギュスターヴ・モロー美術館 Musée National Gustave Moreau
住所:14, rue de la Rochefoucaud
電話:0148 74 38 50
メトロ:12番線 Trinite または st-George
開館時間:10:00-12:45 昼休みをはさんで 14:00-17:15
休館日:火曜日
入場料:5euros (割引は3euros、18才以下と第一日曜日は無料)
美術館公式サイト
[PR]
by paris_musee | 2009-12-28 00:00 | 邸宅ミュゼ