パリにあるとっておきミュゼをご案内します
by paris_musee
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
有名ミュゼ
お城ミュゼ
邸宅ミュゼ
テーマミュゼ
企画展
ミュゼ以外の歴史的建造物
その他
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:その他( 4 )
アートな映画 Achille et la Tortue『アキレスと亀』
バタバタとしていて1月中旬からずっと更新できませんでした。
楽しみにしてくださった方、すみません。
余裕がないと「ミュゼのあるくらし」ができないのを、身をもって実感。
普段からミュゼにいけるような落ち着いた日々を送りたいものです。

さて、久しぶりの更新なのに、またまたミュゼの話でなくて申し訳ないのですが、ウォーミングアップと思ってご覧ください。

今回は映画の話です。
先日、春の映画感謝デー(printemps du cinéma)がありまして、大人の通常料金が10ユーロちょっとのところ、3日間のみ映画1本3,5ユーロという値段で観られるというのをやっていました。これも今年で11年目の試みなんだそうです。
フランスに来た当初は『ぴあ』みたいな雑誌を毎週買って、結構映画を観まくっていました。学生だと5ユーロくらいで観れたり、午前中だと安かったり、現代美術の展覧会と連動して関連作品がまとめて観られたり、もちろん日本ではなかなか観られない古くてマニアックな作品もたくさん観る機会があったりと、映画に関してフランスはとても恵まれていると思います。

f0197072_7525728.jpg
フランスではAchille et la Tortureというタイトル
今回3,5ユーロで観た映画は『アキレスと亀』です。そう、北野武監督の。
ヴェネツィア映画祭に出品された2008年公開の作品。

フランスでは現在、パリのカルティエ美術館で展覧会をやったり、ポンピドゥーセンターで彼の全映画作品を上映したり、この『アキレスと亀』の上映が始まったりと、北野武旋風が吹き荒れています。最近フランス文化省から芸術文化勲章をもらったのも関係しているのかもしれません。

日本の方から「北野映画のフランスでの評価はどうなの?」という質問をよく受けますが、映画にあまり詳しくないので正直よくわかりません。でも昔から日本文化好き=ちょっとインテリというような図式ができあがったフランスでは、北野武監督の作品もその「日本文化」のど真ん中といった感じです。乱暴な比較かもしれませんが、日本でのゴダール映画の評価と似ているでしょうか。つまり、普通の人はゴダール映画を観に行ったりしませんが、映画愛好家の人の間ではとりあえず観て評価を下さないといけないマストな作品、みたいな感じです。デート用の映画ではなくて、批評したり思考したりするための映画ですね。
私が行ったのは平日の夕方の回でしたが、いかにもこういう映画が好きそうな人がひとりで来たりしていました。カップルでもラブラブデートという感じではなくて、全体的に「映画を観に」来てる方が大半だったと思います。
f0197072_753298.jpg
画家を支える妻役は樋口可南子さん。ええ??っていうくらいかなり支えまくってます
この作品は、売れない画家の切なくも愉快な生涯を描いているのですが(くわしくはこちらか本編をご覧ください)、画家の一生と20世紀美術史がリンクしていて興味深かったです。
美術なんかにまったく興味のない人の視点で、アート業界を皮肉ったりしているのもとても面白く、おそらくアートも好きであろうパリの観客たちはそのシニカルな描写に失笑していました。(フランス人は映画館でも大声で笑うので、反応が直にわかって面白いですよ)
f0197072_7535688.jpg
グラフィティアートのバスキアを真似して、夜中、近所の商店街のシャッターに勝手に絵を描いて怒られるふたり

監督扮する主人公「真知寿(マチス)」は、単純に絵だけを描いていたい、「画家」になりたいだけで、アートという手段で自分の思想などを表現しようとは思ってないんです。画家でありながら表現することが特にないので、何を描いていいのかわからない。なので、画商が言うことに翻弄されまくっています。「美術史を勉強した方がいい」と言われればピカソやカンディンスキーなどの巨匠の作品をマネしただけの絵を描いてしまうし(「マネでへたくそなので救いがない」と画商にボロクソ言われます)、「ちゃんと美術を勉強した方がいい」と言われれば素直に学校にも通う。画商が言うとおりの絵を描くだけなので、彼の作品にスタイルなんてありません。
f0197072_7541761.jpg
学校のアヴァンギャルドなアーティスト仲間たちとつくった作品。ここらへんの雰囲気は60年代のネオダダイズムオルガナイザーズの活動っぽいです
そこが、一度でもアートをやろうと思った人にとっては胸が痛いところだと思います。好きなだけでもダメだし、自己主張ばかりでもダメ、時代の雰囲気とオリジナリティのバランスをうまく取らなきゃいけないし、売れることも考えておかないと...。
例えば60年代の日本の現代美術界を見てみると、若いアーティストたちがとにかく新しいスタイルをつくろうと必死になって、たくさんのグループや主義が生まれてはすぐに廃れて行きました。とにかく新しいもの、目立つものを追って行った挙げ句、その流行はあっという間に終わって、スタイルのまねをしてるだけではアーティストとして生き残れなかった時代です。この「真知寿」はそういう流行の後を追ってマネしているだけなので、貧乏アーティストのままなんです。

また、辛辣なアドバイスをしている画商は、ダメ出しして批判しまくった作品をちゃっかり売って儲けていたりするんですが、「真知寿」はそんな腹黒い画商にも全然気づきません。絵が売れたことは知らされてもいないんじゃないでしょうか。(もっとも、スタイルがないので自分が昔描いた絵も忘れてしまってるかもしれませんが)
まぬけなほどにピュアであるところが逆に立派にアーティストの素質があると言えなくもないんですが、実際アーティストは霞を食べて生きているわけではないので、もう少しビジネス戦略もできないと有名にはなれないんですよね。
ちなみに、私もギャラリーで働いたことがありますが、実際はお客さんも観る目がある方ばかりですので「へたくそな絵を価値がわからない成金に売りつけて丸儲け」みたいなことはありません。美術にまったく興味のない人が思い込んでる間違ったイメージですよね。もしかしたらバブルの時などはあったのかもしれませんが...。
f0197072_7564027.jpg
献身的だった奥さんにも愛想を尽かされた彼は、ついに狂ってしまいます。これもアーティストのステレオタイプですよね
アートの業界をちょっとでも知っている人にはシニカルだし、知らない人には滑稽なほどのステレオタイプだし(日本人=スシ&ゲイシャくらいの!)、どちらの側でも楽しめる作品でした。さすがは「ビートたけし」なだけあって、「真知寿」が描く作品とそれをダメ出しする画商のやりとりはテンポがよくて、映画館は爆笑の渦になっていましたし、人が死ぬシーンでさえも唐突でドライでときにおもしろおかしくて、演歌の文化がわからないフランス人にとっても、軽妙洒脱でわかりやすいんだろうと思いました。

もし日本でもまだ上映されているようでしたら、是非是非ご覧ください。
美術が好きな方は「真知寿」の描いた作品がどの巨匠のマネなのかを考えながら観ると、もっと楽しめるかもしれません。印象派、モネ、スーラ、マチス、ピカソ、カンディンスキー、クレー、ミロ、デュシャン、ポロック、バスキア、アンディウォーホル、ネオダダイズムオルガナイザーズ、その他たくさんの20世紀美術の教科書的作品の「へたくそなまね」が出てきますよ。


アキレスと亀公式サイト 
写真はフランスの映画サイトallocineよりお借りしました。
[PR]
by paris_musee | 2010-03-22 00:00 | その他
ナンシー派のメッカを訪れる Nancy Musée de l'École de Nancy
f0197072_22451578.jpg

駅からスタニスラス広場へ向かう道にあるアール・ヌーヴォーな建物
どの地方都市もそうなのですが、TGVの駅は中心地から離れたところにあり、旧市街と呼ばれる大聖堂を中心とした歴史的建造物が多い場所はギュっと凝縮していて、1日もあればだいたいの見所は見れてしまうんです。
ナンシーのもうひとつの見所は、アール・ヌーヴォー。
町のあちこちにアール・ヌーヴォーな建築が見られますよ。
でも何といっても、「ナンシー”派”美術館」(広場にあるミュゼは「ナンシー美術館」です)を訪れていただきたいのです。
ロココなスタニスラス広場からまた駅に戻り、駅の裏の道を20分くらい歩かなければなりませんが、ここを見なければ本当にもったいない美術館です。
f0197072_2245307.jpg

町中にあって普通にナンシーの人たちが暮らすアパルトマンの玄関。40番地の数字もアール・ヌーヴォーしてます
19世紀末にアール・ヌーヴォーが誕生しますが、ナンシー派というのは、その中でもとりわけナンシー出身のグループを指します。
もともとロレーヌ公国の首都ナンシーは昔からガラス工芸に秀でていました。
19世紀末にナンシー出身のガラス職人エミール・ガレによって作られた、曇らせたり象眼を施したりしたガラス工芸品がパリ万国博覧会に出品、受賞すると、この神秘的なテクニックとデザインのナンシー派の工芸品が有名になりました。
のちにこのエミール・ガレを中心として「Ecole de Nancy」(日本語で「ナンシー派」)というグループが作られたんです。
折しもイギリスではラファエル前派など世紀末芸術が流行りつつあったところへ、彼らの作り出す神秘的で妖艶な作品が時代精神とマッチしたのですね。
f0197072_2246699.jpg

ナンシー派美術館の建物とお庭。内部の写真撮影はできませんでしたが、これでもか!!!というくらいのアール・ヌーヴォー三昧でした
このナンシー派美術館には、ガレやドーム兄弟、ルイ・マジョレルなどナンシー派のアーティストによる家具、工芸品がたくさん展示してあります。
邸宅を改造しているので、あたかも誰かの家に訪れているかのような感じがしますし、展示品も生活空間にあうようになっているので面白いですよ。
ベッドやベッドランプ、タンス、クローゼット、ダイニングテーブルetc...すべてにおいてアール・ヌーヴォー様式で統一されていて圧巻です。
お庭はさすがに一般的なガーデニングで整えられていてナンシー派っぽくないですが、広くてベンチでのんびりするのに最適ですよ。
(館内は写真撮影が禁止されていますので注意してくださいね)

アール・ヌーヴォーは広義に使われるフランスの世紀末趣味な美術と工芸品の運動ですが、ナンシー派はアール・ヌーヴォーの前身とも言ってよく、工芸品がメインの運動になります。
それまではお金持ちから注文を受けた高級家具職人のアトリエが、技巧をこらして作った家具や工芸品でしたが、ナンシー派はよりアート色の強い、デザイン性の高い作品なのです。
大げさに言ってしまえば、日常使いの工芸品をアートに高めた、またはアートに高めようと意識を持った作家によって作られた作品と言ってもいいかもしれません。
f0197072_22454546.jpg

駅のそばにあるFloというブラッスリー。店内装飾がアール・ヌーヴォーになっててとても雰囲気がいいですよ。お食事も高くなくておいしかったです
ナンシー派の中心人物エミール・ガレは日本でも大人気で、日本にかなりのコレクションがあるようです。
ご覧になった方も多いと思いますが、ガレの作品には植物の有機的な曲線が多用されたり、植物や昆虫などの神秘的な組み合わせなどが特徴です。リアルな自然表現でなく、デザインされた自然表現です。
実は当時ナンシーに留学中の現在の農林水産省の官僚と交流があったらしく、もともと植物学が大好きだったガレは、彼から日本の自然観などを学んだのかもしれません。
時代的には日本では明治維新が起きた前後で、大量の浮世絵が欧米に輸入されヨーロッパ人の心を奪い、パリ万国博覧会では実際に着物を着たちょんまげ姿の幕府の要員や芸者がやって来たので、ジャポニズム(日本趣味)がとても流行っていました。
そういった環境の中でガレが日本の浮世絵や屏風絵などに見られるようなデザイン性の高い自然表現に興味を持ったのも不思議ではありません。
それに、ロココの花開いた町で生まれ育った彼は、自然とロココの装飾に多用される植物紋様を作品に取り入れる素地ができていたのかもしれませんね。

ナンシーだけでなく、ヨーロッパ全土で同時多発的に世紀末趣味、日本趣味などが複雑に絡み合い世紀末芸術が生まれて行きます。
アール・ヌーヴォーもナンシー派とパリ派(という名前は特にありませんが)などさまざまなグループがまとめられた運動と見ていいかと思います。
次回はナンシー派以外のアール・ヌーヴォーの作品について見て行きたいと思います。

**来週は都合により更新をお休みさせていただきます**

ナンシー派美術館 Musée de l'Ecole de Nancy
住所:38 rue du Sergent Blandan 54000 Nancy
電話:03 83 40 14 86
開館時間:10:00-18:00
休館日:毎週月曜、火曜、祝日
入館料:6ユーロ(18歳まで4ユーロ)、毎月第一日曜日は無料

こちらはナンシー派のホームページ内のナンシー派美術館の紹介ページ
[PR]
by paris_musee | 2010-01-18 00:00 | その他
ロココとアール・ヌーボーな町ナンシー Nancy

何度もパリ旅行をしていると、数日をパリ以外の都市に滞在することがあると思います。
人気はやっぱり南仏で、ニース、カンヌ、アルルなど。
日帰りだったらなんといってもモン・サン・ミッシェルなどのブルターニュ・ノルマンディー地方でしょうか。
ワイン通の方はボルドーやブルゴーニュのシャトーやドメーヌ巡りに行くかもしれません。
クリスマス市で有名なアルザス地方もドイツ色が強く面白いです。
私はそんなにあちこち旅行をしたりしませんが、SNCFのサイトでTGVのチケットを買って3時間くらいの田園風景を車窓から楽しみながらフランスの地方都市に行くのは大好きです。
f0197072_22291444.jpg

ナンシーの真ん中にある大きな広場。噴水と彫刻と鉄柵と建物がロココな気分を盛り上げています。この広場の裏には緑豊かな大きな公園があって、お散歩するのに最適です
ずいぶん前の話になりますが、「ナンシーNancy」という都市に行ってきました。
ナンシーはドイツ国境近くのアルザスへ行く途中にある地方都市です。
ここを選んだ理由は、近くて、ロココとアール・ヌーヴォーの町であり、そしてここから発祥したと言われる食べ物など特産品が多いからです。
そんなに有名な観光地ではないのですが、世紀末芸術、ことにナンシー派ファンなら是非訪れたい、かわいらしい町ですよ。
今日はミュゼ案内ではなくて、ナンシー案内をしたいと思います。
f0197072_22252087.jpg

夜になるとライトアップされて、それもまたとっても綺麗です
町の真ん中にスタニスラス広場という豪華絢爛な鉄柵や装飾彫刻に囲まれた広場があります。
真ん中にいる彫像はもちろんスタニスラスさん。
ロシアとか東ヨーロッパっぽい名前からお察しの通り、彼は18世紀後半のポーランドの王様。
ポーランド国王でありながら、ここロレーヌ公国(ナンシーは首都)も統治していたのです。
そしてこの人物こそが、のちにルイ15世のお妃となるマリー・レグザンスカのお父さん。(注・ロココを大ブレイクさせたポンパドール夫人はルイ15世の「愛妾」です)
ルイ15世の時代の前半はバロックからロココへの移行期で、ここロレーヌ地方でも最先端のロココが流行っていました。
このロココ様式の装飾で飾られたスタニスラス広場はユネスコの世界遺産にも登録されています。
実はこの広場にマリー・アントワネットがヴェルサイユ宮殿へお輿入れをする際に宿泊したというホテルがあるのです。
現在も当時のままとはいきませんが普通に泊まれますし、レストランでお食事などもできるようです。
広場には夏になるとカフェのテラスがたくさん出て、優雅な気分でお茶できます。
f0197072_22254551.jpg

スタニスラス広場に面したナンシー美術館の地下展示室。アール・ヌーヴォーの作品がたくさん展示されています
観光局とミュゼ(ナンシー美術館)もこの広場にありますよ。
ナンシー美術館は15世紀くらいから現代までの美術作品が展示されています。
地下のナンシー出身の作家たちによるガラス工芸の展示室は圧巻。
とてもきれいで広い美術館なので是非足を運んでみてください。

f0197072_2227897.jpg

駅のすぐそばにあったお土産屋さんのディスプレイ。この日はやっていなかったんですが、翌日にベルガモットキャンディーなどたくさん買いました
やっぱり地方に行ったら「ご当地モノ」の食べ物を試してみたいですよね。
ナンシーで有名なのは、土地の名前もついている「キッシュ・ロレーヌ」、「ベルガモット・キャンディー」「ナンシーのマカロン」「ミラベル」でしょうか。
キッシュ・ロレーヌはフランスでオーソドックスなキッシュ。パリのパン屋さんでも売っていますよ。
サクサクのパイの上に生クリームがベースになったベーコン入りのフィリングを乗せて焼いた物で、もとはロレーヌ地方の郷土料理でした。
ベルガモット・キャンディーは柑橘の香りがする素朴なキャンディー。
小さい頃におばあちゃんからもらってなめたような、シンプルな飴にベルガモットの香りが鼻をくすぐるような、懐かしい味です。結構ハマります。
ナンシーのマカロンは、みなさんが知っているクリームが挟んであるマカロンとは違います。
シンプルなアーモンドペーストのマカロン生地を焼いただけ。表面にひび割れができているのが特徴です。
もとは修道院のシスターが作った素朴なお菓子だったんです。もしかしたらマカロンの元祖かも。
ミラベルはプラムのような黄金色をした果実。大きさは巨峰くらい。夏にロレーヌ地方で採れるんだそうです。
先日フランス食品市でミラベルの果実酒を試飲しました。梅酒のような感じですが、独特の芳香がして美味しかったです。
もしかしたらナンシーまで行かなくても、パリのボン・マルシェやギャラリー・ラファイエットの食品館で手に入るかもしれません。
機会があったら是非味わってみてくださいね。

いかがでしたか?
パリからTGVでたった1時間半の近場ですが、パリとは全然違う町並みが広がる、小さく可愛らしい町です。
来週はナンシーのもうひとつの見所をお伝えしたいと思います。

ナンシー美術館 Musée des Beaux-Arts de Nancy
住所:3 place Stanislas 54000 Nancy
電話:03 83 85 30 72
開館時間:10:00-18:00
休館日:毎週火曜、祝日
入館料:6ユーロ(25歳まで4ユーロ)、毎月第一日曜日は無料

ナンシー観光局
日本語ページがあって、ナンシーの見所をわかりやすく説明してくれています!
[PR]
by paris_musee | 2010-01-11 00:00 | その他
マリー・アントワネットを知ろう! 
先月日本に一時帰国していました。
その時に絶対に買おう!と思っていた本が、『ベルサイユのばら』です。
70年代に発表され、その後も代々読み継がれているという不朽の名作マンガですよね。
実は今回、初めて読ませていただいたんです。
すごく読み応えがあって面白かった!全5巻を数時間で読破しちゃいました。

マリー・アントワネット。
あまりにも有名な彼女の波乱に富んだ人生は、昔からアーティストたちの格好の主題となってきました。
f0197072_23365910.jpg

こちらが角川書店バージョン
f0197072_23371736.jpg

こちらが岩波文庫バージョン
一番最初に彼女の人生を小説にしたのは(あるいは現在も読まれているの最も古いものは)、1933年にステファン・ツヴァイクが書いた『マリー・アントワネット上下』。
その後のほぼすべてのアントワネットものの作品のたたき台になっているのが、この作品ではないでしょうか。
ここに描かれているエピソードが、他の作品にちょこちょこ使われています。
私は岩波版を持っていますが、岩波らしくちょっと硬派な文体です。
小説というより歴史書みたいな感じ。ドキドキしながら読み進めるというより、淡々と事実を追う感じです。

f0197072_23374116.jpg

こちらは小説なのでかなり読みやすいですよ。
日本の作家、遠藤周作も『王妃マリー・アントワネット上下』(新潮文庫)を描いています。
これは少しフィクションが付け加えられていて、庶民出身の貧しい架空の女性と王妃のコントラストが特徴的です。
庶民の登場人物がいることで、フランス革命とマリーアントワネットの関係がどのように絡んで行くのかがわかりやすく描かれています。

f0197072_2338193.jpg

こちらは註や図版も豊富でとても読みやすいです
イギリス女性作家のアントニア・フレイザーも『マリー・アントワネット上下』(ハヤカワ文庫)を女性の視点で描いています。

f0197072_2338208.jpg

こちら、もうご覧になりましたか?実際にヴェルサイユ宮殿を貸し切って撮影がなされ、ラデュレのスイーツにパステルなドレス、史実をかなり今風にアレンジした乙女趣味のかわいい映画です。
この作品が原作となって、ソフィア・コッポラ監督の『マリー・アントワネット』という映画が作られました。
映画は上巻だけを映像化していて、王妃の悲劇は描かれていません。
フランス人の友達の間では、「アメリカ人監督がフランスの歴史を映画化するなんておこがましいけど、せめてもの救いはアメリカ人にフランス革命の暗部を描かれなくてよかった」といったものでした...。

f0197072_2338449.jpg

こちらは大人買いができるボックス売り!
そして池田理代子によるあの有名な『ベルサイユのばら』。
この作品もオスカルなど架空の人物が登場して話を盛り上げていますが、基本のエピソードはツヴァイク本に忠実です。
でもやっぱりフランス革命において庶民がどうだったのか、という視点が入っていて、スピード感とリアリティのある作品に仕上がっています。
またこれがモトとなって宝塚歌劇団などもミュージカルを上演していますよね。
本国フランスでも『Lady Oscar』というタイトルで翻訳され、79年にはテレビでも放送されるほどの人気でした。
フランス文化の日本への紹介という点でも彼女の功績が評価され、今年フランスからレジオンドヌール勲章シュヴァリエ賞を授与されています。

f0197072_23391445.jpg

コッポラ映画の影響か、昨年、パリのグランパレという会場で『マリーアントワネット』展が開かれました。
私は会期終了間際に行ったのですが、なんと2時間待ちの長蛇の列。
炎天下の中、初老のマダムやムッシューらとともに待ち続け、やーっと中に入ることができましたがかなりの混雑。
フランスで初めて、上野の森の企画展に匹敵するほどの混雑した美術鑑賞でした。
マリー・アントワネット、やはりフランス人の間でもいまだに大人気です。
企画展ですので写真撮影はできませんでしたが、目の前に展示されている彼女にまつわる肖像画やドレス、宝飾類、使用していた家具、小物、どれもが強烈な存在感を放っていました。
小説などを読んだ後だったので、そういった作品のエピソードに出てくる展示品の数々を目の当たりにでき、彼女の壮絶な人生が急に現実味を帯びて来て恐ろしくも感じました。

ここに挙げたすべての作品に共通しているのが、2部構成になっていること。
前半は享楽的で退廃的とさえいえる豪華絢爛な王室のあきれた日常が描かれ、
後半はフランス革命が進む中、民衆のおさえようのない怒りのはけ口として批判と屈辱にさらされるオーストリア女の悲劇が描かれているのです。
展覧会でも、前半は壁の色が明るかったり、オーディオガイドからは楽しい音楽が流れて来たりしていたのですが、後半は打って変わって暗い室内にぼーっと浮かび上がる作品群、とても寂しい雰囲気の展示になっていました。

正直、前半はいいけど、後半は読みたくない、観たくない、という感じです。
私がコッポラの映画が好きなのも、後半が描かれていないから、というのがあるかもしれません。
後半の史実を直視するのは毎回勇気がいるほど心が痛みます。
フランス革命はある意味、本当に残酷でした。
毎年7月14日にフランス革命の成功を祝した盛大なお祭りがあるのですが、華やかな軍隊パレードやエッフェル塔にうち上がる美しい花火なんかを見ると、ちょっとだけ複雑な気持ちになってしまいます。

マリー・アントワネットおたくでなくても、フランス革命マニアでなくても、フランスに旅行に来るときにちょっとしたエピソードがわかっていると2倍楽しめる観光名所がたくさんあります。
来週から、マリー・アントワネットにまつわるスポットをエピソードとともにご紹介して行きたいと思います。
もしお時間と興味があったら、上に挙げた作品を鑑賞してみてくださいね。
[PR]
by paris_musee | 2009-05-11 00:00 | その他