パリにあるとっておきミュゼをご案内します
by paris_musee
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
有名ミュゼ
お城ミュゼ
邸宅ミュゼ
テーマミュゼ
企画展
ミュゼ以外の歴史的建造物
その他
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
シャンゼリゼ通りのそばにある穴場ミュゼ プチ・パレ Petit Palais
f0197072_662829.jpg

ちょうど八重桜が咲いているときに撮った正面玄関の写真です
旅行でパリに訪れると、よっぽど時間に余裕があったり、どうしても見たい展覧会をやっていない限り行かないミュゼってたくさんありますよね。今回ご紹介するプチ・パレ(Petit Palais)は残念ながらそういうミュゼかもしれません。
でも2010年8月29日までイヴ・サンローランの回顧展をやっていますので、ファッションに興味のある方は是非足を運んでみてくださいね。
f0197072_621111.jpg
これがお向かいのグラン・パレ。ここも企画展示などをする美術館です。
f0197072_625297.jpg
こちらがプチ・パレ。上のイラストもこちらも、パリ万博のときのものです
先週お話しした1900年のパリ万国博覧会の会場として建設されたのが、こちらプチ・パレです。
実は一緒に建設されたグラン・パレ(Grand Palais)とこの建物のあった場所には、巨大な産業宮( Palais de l'Industrie)という建物がありました。
1851年にロンドンで前代未聞の規模の博覧会(これが19世紀の万博の始まりでもあります)が行われたんですが、そのメイン会場のガラス張りの水晶宮(Christal Palace)が本当にすばらしく、当時のナポレオン3世はそれに対抗してこの産業宮をつくらせたのです。1855年のパリ万博でメイン会場となりました。長さ250m、奥行き100mの巨大な建物でしたが、レンガと石で造られたため、ガラス張りの明るい水晶宮には勝てなかったと言わざるを得ません。
それが原因ではないでしょうが、この産業宮はその後壊され、跡地に1900年の万博のためにグラン・パレとプチ・パレを造ったという訳です。
f0197072_6822.jpg
正面玄関のドームを撮ってみました。が、巨大すぎて全部写りません!
プチ・パレは半円形の中庭を囲むように建物が造られているのが特徴的で、正面は150mの長さがあり、中央はドームを頂いています。シャンゼリゼ大通りからウィンストン・チャーチル通りを入ると、その通り全部がプチ・パレ(反対側がグラン・パレ)なっており、さらにその奥にはこれも1900年の万博で造られた豪華なアレクサンドル3世橋がセーヌ川に架かっています。もう当時の面影はありませんが、この辺だけとても贅沢な空間の作りをしていて大好きです。
f0197072_67982.jpg
ここは半円形の中庭
産業宮の反省(?)があったからか、このプチパレを入るとすぐにある天井の高いドームは半透明で、会場内は自然光がさんさんと入るような設計になっています。
1900年にプチパレで展示されていたのはフランスの過去の美術作品、お向かいのグラン・パレでは各国の(当時の)現代美術でした。
美術展示のための会場として設計されたからでしょうか、万博後もパリ市の美術館として使われ続けてきました。
2000年に改修工事のため一度閉館しましたが、2005年に展示空間を広げてリニューアルオープンしました。なのでとっても新しくきれいで、入り口のドームなどは入ったとたんすごく優雅な気分にさせてくれます。
f0197072_672821.jpg
地下の展示室におりる階段の手すり
展示品は、寄贈者のコレクションによりとても多岐にわたります。悪く言えば何でもありすぎ。プチパレがこんな大きな建物でありながらマイナー美術館であるのはその辺に原因があるのかもしれません。
でも入場無料ですし、いろいろ観れるし空いてていいんですよ!
具体的には、18世紀から19世紀の家具や装飾品のコーナー(ガレの花瓶、ギマール邸の食堂など)や、17、18、19、20世紀の絵画(有名どころではレンブラント、ルーベンス、グルーズ、コロー、クールベ、ドラクロワ、アングル、マネ、モネ、ギュスターヴ・モロー、セザンヌ、ルノワールなど)、ルネサンスのオブジェ、キリスト教世界のオブジェ、ギリシャ・ローマのオブジェなどです。
本当にいろんなものがあるんですが、こういう作品を全部観なくてもいいと思います。万博のことを想像しながら自然光がふりそそぐ気持ちのよい空間(中庭がオススメ)を歩くだけでも十分に満ち足りた気分にさせてくれますよ。

シャンゼリゼでショッピングをしたあとにぷら〜っと立ち寄って好きなところだけ観るのに最適なミュゼです。私は入ったことがありませんが、館内にカフェもあるので休憩するのもいいかもしれません。春にはピンクの八重桜が咲いてとても綺麗です。次回のパリ滞在に訪れてみてはいかがですか?


ちなみにこのブログの左上のプロフィール写真はPetit Palaisの正面ドームです
プチ・パレ Petit Palais
住所:Avenue Winston Churchill - 75008 Paris
電話 : 01 53 43 40 00
開館時間 : 10:00〜18:00 月曜日、祝日閉館 
メトロ:1,13番線 Champs-Elysées-Clemenceau

入館料:常設展は無料

2枚のイラストはこちらからお借りしました。

[PR]
by paris_musee | 2010-04-12 00:00 | 有名ミュゼ
19世紀を総まとめ 1900年パリ万国博覧会 Exposition Universelle
パリでの北野武関連のお話を2週にわたってお送りしましたが、その前、ナンシーのアールヌーヴォー関連の記事を書きましたので、その続きをお話ししますね。
今回はアールヌーヴォーの時代まっただ中に行われたパリ万国博覧会です。

以前、エッフェル塔をご紹介したときにパリ万博のお話をしました。産業革命が終わり、イギリスやフランスらヨーロッパの列強がこぞって自国の工業製品の技術の高さをお披露目し、植民地や彼らのまだ知らない国の珍しいものを展示したのが万国博覧会です。1889年にパリで行われた国際博覧会のために、当時最先端の技術を駆使した鉄のエッフェル塔がつくられたのでした。

f0197072_5481222.jpg

こちらは1900年パリ万博の入場券です。

1889年のパリ万博も大盛況のうちに幕を閉じたのですが、次の1900年のパリ万博はそれをはるかに上回る入場者数を記録します。
この万博のために建てられたのが、今もシャンゼリゼ大通りとコンコルド広場の間あたりのセーヌ川近くにあるグラン・パレとプチ・パレ、アレクサンドル3世橋です。
1900年の4月15日に正式オープン、なんと11月12日まで212日間の開催。
会場は先の2つの会場をはじめアンバリッド、シャイヨー宮、シャンドマルスのエッフェル塔とシャンゼリゼ一帯と、ヴァンセンヌの森一帯でした。
5100万人の人出ということで、フランスが開催した万博では最大でした。当時のフランスの人口が4100万人でしたので、どれだけの人出か想像できるかと思います。
ベル・エポック(良き時代)と呼ばれる、景気もよく平和で浮かれた時代のイベントだったのです。
f0197072_5501053.jpg

パリ万博開催時のセーヌ川あたりの風景画
オープンには間に合いませんでしたが、パリ祭の7月14日に会場のヴァンセンヌの森とシャンドマルス一帯を結んでポルトマイヨへ行くメトロが初めて開通します。今の1番線ですね。
ホテルを備えた国鉄のオルセー駅(現在のオルセ=美術館です)もオープンし、多くの旅行者がフランス中からパリ万博を観にやってきました。
それから、「動く歩道」や電車も各会場を結ぶためにつくられたのだそうです。

f0197072_5522291.jpg

電気のおかげで夜間営業も大好評でした
このときのテーマは『19世紀総決算』というような感じで、最新の技術をもってつくられた工業製品、植民地のエキゾチックなもの、過去のフランス美術、現在の各国美術、装飾美術の展示がそれぞれの会場で観られたそうです。19世紀に発明されたテクノロジーが私たちの生活を便利に、豊かにしてくれているということを再確認するような展示内容のような気がします。例えば19世紀に発明された電気を大量に使った噴水のイルミネーションなんかもありましたし、電気のおかげで可能になった夜間営業もまた幻想的でパリ万博を訪れたすべての人々を圧倒したそうです。
リュミエール兄弟の音声付き映画も上映されたらしいですよ。スクリーンは巨大で、21メートルの16メートルだったそうです!コンコルド広場に建てられた巨大なモニュメントもそうですが、とにかく壮大な規模で行われたパリ万博だったのです。


f0197072_5512912.jpg

このイラストは45メートルの高さ、2つの尖塔をもつコンコルド広場に建てられた「入り口」だそうです。巨大!
1900年のパリ万博で一躍人気になったのが、アールヌーヴォー様式です。装飾美術の展示の中には、ルネ・ラリックの宝飾品や、エミール・ガレのガラス工芸(パリ万博大賞を2つ、金賞を1つとりました)、サミュエル・ビング(美術商でアールヌーヴォー名付けの親)の集めたアールヌーヴォー様式の家具などを展示した館などがありました。ガレをはじめとするナンシー派のアーティストは、いろいろな国の博覧会にアールヌーヴォー様式の作品を出品しまくっていましたので、アールヌーヴォー自体の知名度もあがり、大々的に宣伝することで流行になったのだと思います。
ちなみに開通したメトロの入り口はギマールによるアールヌーヴォーの装飾でしたし、オルセー駅の装飾にもアールヌーヴォーが使われていました。19世紀に実用化された鉄によって、建築物にも柔らかい曲線の装飾ができるようになったのですね。

いかがでしたか。オルセー美術館やエッフェル塔など、現在の観光名所の多くが、パリ万博のためにつくられたモニュメントだったんですね。次回はプチパレをご紹介したいと思います。


イラスト、写真はこちらからお借りしました。
パリ万博について当時の図版とともに詳しく紹介してあるサイト
パリ国立図書館の万博に関するサイト

[PR]
by paris_musee | 2010-04-05 00:00 | ミュゼ以外の歴史的建造物