パリにあるとっておきミュゼをご案内します
by paris_musee
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
有名ミュゼ
お城ミュゼ
邸宅ミュゼ
テーマミュゼ
企画展
ミュゼ以外の歴史的建造物
その他
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:フランス革命 ( 3 ) タグの人気記事
マリー・アントワネットを訪ねて フランス革命 パート2 ーカルナヴァレ美術館ー Musée Carnavalet

先週はルイ16世一家が現在のチュイルリー公園にあった宮殿に幽閉されたところまでお話ししました。
王家のいなくなったヴェルサイユ宮殿からは、略奪を逃れた家具や彼らのものが新居に持ち込まれたので、
手狭になったとはいえ、まだまだ王族らしい生活は保たれていたのです。
そのときの革命の指導者たちも、王様はそのまま君主としていてもらうけれど、王権は憲法と議会によって制限されるという立憲君主制を目指していたのです。今のイギリスみたいな感じでしょうか。

でも王家と議会の間にいて、王に有利になるよう便宜を図ってくれていた人物ミラボーが死ぬと、
革命がもっと過激になっていくんじゃないかと危惧した国王は、
マリー・アントワネットの愛人とも言われていたスウェーデンの貴族フェルセンの「国外逃亡」のプランを実行するのです。
フェルセンは『ベルばら』でも主人公のひとりとしてクローズアップされているので、ご存知の方も多いかと思います。

小説でこの辺のくだりを読んでいると、ハラハラドキドキしてしまうのですが、結局この逃亡計画は失敗に終わります。
敗因はいろいろあるでしょうが、国王一家のプライドが邪魔してこの旅行が豪華で目立ってしまったのが原因のひとつです。
ワインに食事に衣装に馬車、どれもが不自由ないようにと配慮されて大荷物になってしまったんですね。
移動に時間がかかり、待ち合わせ場所に遅れるものだから、味方の軍や馬も待ちくだびれて帰ってしまう。
変装していたものの、あと少しの国境近くで国王一家だとバレて、非難轟々、罵倒され侮辱されながらパリに引き戻されるのです。

この国王の裏切りに擁護派の支持も失うと、外国が国王一家を救うためフランス国民軍と戦争を開始します。
フランス国民軍は負け続けます。
マリー・アントワネットがフランス軍の作戦を外国軍に漏らしていたからに違いないと疑われてしまいます。
そして国王一家はタンプル塔に移送されてしまいました。
f0197072_19402668.jpg

タンプル塔の絵。暗くて寂しい感じがしますが、もともとは貴族の邸宅でした
このタンプル塔、現在は3区の区役所とスクエア・タンプルという小さな公園になっている場所にありました。
カルナヴァレ美術館からも歩いていける距離。
おしゃれなブティックがある今一番若者に人気の場所を通るので、お散歩も楽しいです。

f0197072_19394830.jpg

タンプル塔の再現部屋。質素な家具に加えて照明もくらーくしてあるので、本当に寂しい感じがします
この塔の中がどんな感じだったのかは、カルナヴァレ美術館の一角に部屋の様子が再現されています。
普通の人の目にも質素と映る、小さくシンプルな装飾のベットや棚に囲まれて、家族でビリアードやゲームをして過ごしたといいます。
革命はどんどん激化していき、彼らの待遇も日に日に悪くなっていきます。

f0197072_19393050.jpg

家族と引き離された1ヶ月におよぶルイ16世の裁判が終わり、翌朝死刑となります。最後に家族と会うことが許され、ルイ16世は息子に「私を死刑にした人を恨んではいけない」と声をかけます
この展示室には、革命裁判にかけられてルイ16世との最後の別れのシーン、息子を引き離されて号泣するマリー・アントワネット、夫が死んで喪服を着ているマリー・アントワネット、断頭台に上るルイ16世などの絵画が展示してあります。
マリー・アントワネットの髪の毛が入ったアクセサリーなんかもあります。
1793年の1月に、現在のコンコルド広場でルイ16世はギロチンにかけられます。

f0197072_1940564.jpg

ルイ16世の死後、マリー・アントワネットは寡婦として質素な喪服をつくってもらいます。37歳のマリー。疲れはて過去の優美さはなくなってしまいました。でも裁判、死刑執行の日まで元王妃としての落ち着きと品位は失いませんでした
その後、マリー・アントワネットも裁判にかけられるため、シテ島にあるコンシェルジュリーという当時の牢獄に入れられ、人生で一番惨めな環境の中でも威厳を保ちながら毎日を過ごし、10月に夫と同じ場所で処刑されました。

革命はその後も終わらず、主導者が出ては旧体制のリーダーがギロチンにかけられることを繰り返して、ナポレオン・ボナパルトの台頭によってようやくフランスは平穏な日を迎えました。

ちなみにルイ16世とマリー・アントワネットの遺体は処刑当時は他の処刑者と一緒にされていましたが、現在ではパリ北郊外にあるサンドニの大聖堂の地下にきちんと葬られています。

いかがでしたか?
急ぎ足のフランス革命になってしまいましたが、実際の革命もあれよあれよと言う間に体制が変化して、その荒波にもまれて王と王妃は処刑されてしまったのです。
残った幼いルイ17世はタンプル宮で死んでいるのを発見されるのですが、「死んだのはニセもので、ルイ17世は逃亡してた」という噂が後を絶たず、自称ルイ17世がたくさん名乗り出たそうです。
でも最近DNA鑑定でタンプル宮で亡くなったのが本物のルイ17世という結論になり、歴史マニアをワクワクさせたミステリーに終止符がうたれました。

ちなみに明日、7月14日はフランス国家祭典である「革命記念日」です。
王権を打倒して、現代に続く市民社会を築くことになったフランス革命を記念したお祭りです。
革命の舞台シャンゼリゼ通りとコンコルド広場にかけて行われるフランスが誇る陸、海、空の軍隊パレードが朝からテレビ中継され、
夜にはエッフェル塔のそばで華やかな花火大会があります。
ちょっと歴史を知っていると、こんなお祭りも少し複雑な思いがしてくるから不思議です。
それではまた!

カルナヴァレ美術館Hôtel Carnavalet 

23, rue de Sévigné
75003 Paris
電話 : 01 44 59 58 58
Fax : 01 44 59 58 11
メトロ Saint-Paul(1番線) Chemin vert(8番線)
開館時間 10時から18時(レジは17時半で閉まります)
休館日 月曜日、祝日
入場料 常設展示 無料 /企画展示 4.5ユーロ(18歳以上26歳未満は3.8ユーロ)

[PR]
by paris_musee | 2009-07-13 00:00 | 邸宅ミュゼ
マリー・アントワネットを訪ねて フランス革命 パート1 ーカルナヴァレ美術館ー Musée Carnavalet

また悲劇の王妃のお話に戻ります。
マリー・アントワネットを語るとき、
彼女の人生の後半をさけて通ることができません。
自由奔放と浪費の代償とも、
革命の嵐に飲み込まれた犠牲者ともとらえることができますが、
あまりにドラマティックで壮絶な最期を迎えた彼女の人生は、
他の歴史にも例がないほど残酷でした。

そんな悲劇のヒロインの顛末を知るには、
前にもご紹介したマレに位置するカルナヴァレ美術館がオススメ。
以前「貴族のおうち」ということでご紹介したミュゼです。
パリの歴史博物館ともいうべきこのミュゼの2階(日本式の3階)は、
フランス革命に関する資料がたくさん展示してあります。
f0197072_19161464.jpg

フランス革命の始まりとされる7月14日のバスティーユ牢獄襲撃の絵

フランス革命史は研究が進んでいるのでどこまでも細かく説明できてしまう分野だと思いますが、
(もちろん私は専門家ではないので、詳しく説明することができませんが)
できるかぎりサラっとわかりやすく展示品を交えてご紹介できればと思います。

f0197072_19153610.jpg

フランス革命の展示室。この石膏像は、王権に有利なように憲法を作ると国王に密約していたミラボーさん。借金が多くて女遊びがひどかったんですが、国王一家はこの人にたよらざるを得ない状態でした

マリー・アントワネットや王侯貴族が退屈な毎日をハデに遊んでヒマつぶししているとき、
天候不良による凶作とたびかさなる増税が相まって、
農民たちは日々の糧であるパンすらも食べられない生活を余儀なくされていました。
ヴェルサイユの乱痴気騒ぎは風刺新聞などにより誇張されて人々の知るところとなっていたので、
貧困への怒りの矛先は、当然ヴェルサイユにむけられるのです。

f0197072_19152051.jpg

ダヴィットによる絵画。中央で本(宣誓文)を読んでるのが後にパリ市長になるバイイさん
政治的には、300年ほど開かれなかった平民身分の代表も含む議会の招集が決定するのですが、
貴族や僧侶身分のみ集まって、平民を閉め出してしまいます。
そこでヴェルサイユ宮殿の敷地内にある「ジュー・ドゥ・ポウム」(球戯場)に集まって
「平民の権利が認められるまで一致団結するぞー!」と宣言をするのです。
これが世界史の教科書でもおなじみの『テニスコートの誓い』です。
よく貸し出してしまっているのですが、カルナヴァレ美術館の所有で運がよければ見ることができます。

f0197072_19155483.jpg

この展示室には襲撃に使われた武器やバスティーユ牢獄のマスターキーなども展示されています
そして7月14日のバスティーユ牢獄の襲撃。
この爆撃されたバスティーユ牢獄の破片で作られたミニバスティーユ牢獄が展示されています。
今では雑貨屋やセレクトショップ、おしゃれなカフェやレストランが立ち並ぶ若者の街になっているバスティーユですが、
ここにあった牢獄を平民たちが襲撃したことで、フランス革命がフランス全国に飛び火します。
ちなみに現在、毎年7月14日はフランスのお祭りの日となっています。
パリ祭と日本では呼ばれていますが、昼は軍事パレード、夜はエッフェル塔の大花火大会と賑やかな一日となり、
この日を境にパリジャンは長い夏のヴァカンスムード一色となるんです。

ソフィア・コッポラの映画『マリー・アントワネット』はこの場面で終わるのですが、
農民、主に家計を預かる女性がパリからヴェルサイユ宮殿まで抗議の行進をします。
「私たちと一緒に逃げてください」という臣下の声を振り切って、
ルイ16世一家はヴェルサイユ宮殿に残ってしまうのです。
怒り狂った農民たちは、ホンモノのマリー・アントワネットの美しさにしばし戦意を喪失しますが、
翌朝、宮殿を守る近衛兵を殺して宮殿に乗り込みます。
そして王様一家は長年住み慣れたヴェルサイユ宮殿を離れ、農民たちにパリへ引き渡されてしまうのです。
f0197072_19163452.jpg

これは「人権宣言」。最初ルイ16世はこの採択を拒否するんですが、革命が進むにつれて承認しなくてはならなくなりました

ヴェルサイユ宮殿の次に彼らの家となったのが、今のチュイルリー公園内にあったチュイルリー宮殿。
(ルーヴル美術館の建物ではなくて、のちに壊されました)
荒れ果てたこの宮殿を急遽リフォームして、なんとか王家の居室となりました。
この時点では庭を散歩したり、人を招いたり、郊外の離宮へ外出したりと、
かなりの自由が認められていたそうです。
それでも絶対王政は崩れ、国民議会の監視下に置かれていたので事実上の幽閉でした。

1789年に次々とこのような事件が起きて、ルイ16世とマリー・アントワネットの生活はガラリと変わります。
その後少しだけ革命は小康状態になるんですが、ご存知の通りまだまだ彼らには試練が待ち受けているんですよね。
では続きは来週また!


カルナヴァレ美術館Hôtel Carnavalet 

23, rue de Sévigné
75003 Paris
電話 : 01 44 59 58 58
Fax : 01 44 59 58 11
メトロ Saint-Paul(1番線) Chemin vert(8番線)
開館時間 10時から18時(レジは17時半で閉まります)
休館日 月曜日、祝日
入場料 常設展示 無料 /企画展示 4.5ユーロ(18歳以上26歳未満は3.8ユーロ)



[PR]
by paris_musee | 2009-07-06 00:00 | 邸宅ミュゼ
<フランス革命の火薬庫? パレ・ロワイヤル Palais Royal>
f0197072_2141155.jpg

今はすっかり葉っぱが落ちてしまいましたが、夏は青々と茂る剪定された木々と噴水と青空が気持ちよく、散歩や読書に最適のお庭です。

ルーヴル美術館に行く時に、メトロの1番線、7番線を使うとPalais Royal-Musée du Louvreという駅で下車します。
今日はルーヴルではなくて、パレロワイヤルのお話をしたいと思います。

Palaisはフランス語で宮殿、Royalは国王の、という意味です。つまりパレロワイヤルは王宮のことなのですね。
現在、憲法評議会と国務院、コメディ・フランセーズが入っていますが、もともとは王宮だったのです。

17世紀の中頃はルイ13世の宰相リシュリューという人の城館でした。
その後ルーヴル宮殿にいた幼いルイ14世が母と弟とここに引っ越したことからPalais Royalと呼ばれ始めます。
ルイ14世はご存知の通りヴェルサイユ宮殿に夢中になってパリを離れますが、彼の弟、オルレアン公フィリップがこの城館を引き継ぎます。
お庭は一般公開されていたそうですが、建物は貴族とお金持ちしか借りることはできませんでした。

18世紀末には、パレロワイヤルはパリで一番の繁華街になります。
劇場やブティック、書店、ギャラリー、カフェやレストランなどが並んでいたといいます。
男性はカフェで政治の議論をし、女性はウィンドーショッピングを楽しんでいたのでしょう。
デートなら観劇とレストラン、庭園散歩というお決まりのコースがあったかもしれませんね。

f0197072_21403052.jpg

ピカピカに磨き上げられた銀食器のブティックや1930年代のシャネルのドレスを売るヴィンテージショップなど、ウィンドーショッピングが楽しいアーケード。
ちなみにデパート(百貨店)の起源はパレロワイヤルにできたアーケードに立ち並ぶ洋品店だとも言われています。
最新のモード、最高の贅沢品がここを歩くだけで手に取るようにわかる、女性にとっては嬉しい場所ですよね。
それにきれいな庭園があればここを散歩しながらお友達と楽しい時間が過ごせたに違いありません。

f0197072_2140511.jpg

レストランやカフェもあります。
今では当たり前のように利用するレストランやカフェも、当時はとても新しいものでした。
それまでは誰かの家の厨房でお抱えシェフが作る料理を家人や招待客が食べていました。
ところが、レストランやカフェというのは、誰かの家に招待されたり、自分の家にいなくても好きな時に食事ができる画期的なものだったのです。しかも1皿の値段が明確で、お腹の具合によって食べたいものを食べたい量だけ注文できるのです。
こういったレストランを開いたシェフはたいがい王侯貴族のお抱えシェフ出身だったので、上流階級の食事が一般市民(ブルジョワ階級ですが)にも浸透することにもなりました。一般人にも美食家が増えていくのです。

またここは王族の所有物であるがゆえに警察が介入できず、高級娼婦や高利貸しなんかもウロウロしていて、怪しい飲み屋やカジノも繁盛しました。
毎日お祭り騒ぎのようににぎわっていて、食べたり飲んだり議論したり、騙したり騙されたり、ここに来ればとにかく刺激的でした。
奇しくもルイ16世に密かに反発していたオルレアン公の所有地であったため、国王一家を中傷するビラがたくさん出回り、若者が国王のない未来を夢見て熱く語ることのできた場所でした。
そして1789年、フランス革命が始まった年ですが、最初のデモ行進がパレロワイヤルにあったフォア(cafe du Foy)というカフェから出発するのです。
それがどんどん大きくなってついにバスティーユを襲撃しました。
あの有名な、パンを求めてヴェルサイユまで行進した女性たちのデモも、ここが出発点になっています。
パレロワイヤルなくしてフランス革命は語れないのです。

そんなこんなでフランス革命が終わり、パリの繁華街はもうちょっと北の方へと移動します。
その後は改修したり荒らされて略奪にあったり、ナポレオン1世の弟が住んだり、火災にあって大改修したり...。
20世紀に入ってからは、詩人のジャン・コクトー、女優のジャンヌ・モロー、小説家のコレットが住んだ時期もあったそうです。
そして、1985年文化相のジャック・ラングによって、南の中庭に現代美術家のダニエル・ビュランによる260本の黒白ストライプの大理石の円柱が屋外彫刻として展示されています。(残念ながら現在は修復中で見ることができません。)
f0197072_21413584.jpg

現在は赤い壁で工事現場を覆っていて、ところどころにはめてある色ガラスから工事の様子を見ることができるようになっています。これは黄色の小窓から見たところ。
いろいろな歴史がありましたが、現在はとてものどかな散歩&ショッピングコースになっています。
ダニエル・ビュランの彫刻の広場を抜けると、剪定された並木と噴水の庭園があり、その周りを建物が取り巻いています。
その1階にはいい状態のヴィンテージのドレスが揃うお店や、有名ブランド、アンティークを扱うお店、ギャラリー、カフェ、レストラン、コメディーフランセーズ(劇場)などが入っていて、実のところ昔も今も入ってるお店は同じなんですよね(カジノや娼婦宿はありませんけど)。
ウィンドーショッピングをする犬を連れた毛皮のマダムがいたり、噴水の前で本を読んでるムッシューがいたり、ここに来るとちょっとパリっぽいなーと思います。
観光客が多いルーヴル美術館の目と鼻の先にあるひっそりとした歴史的建造物、特に見るものがあるわけではないですが時間があったら行ってみてくださいね。


住所 Place du Palais Royal  75001 PARIS
メトロ 1番線 7番線 Palais-Royal- Musée du Louvre



[PR]
by paris_musee | 2009-01-26 00:00 | ミュゼ以外の歴史的建造物